繊維商の一家に生まれたフレデリック・ブシュロン(Frédéric Boucheron)は1858年、パリのラグジュアリーの中心だったパレ・ロワイヤル(Palais Royal)のアーケードにあるギャルリー・ヴァロア(Galerie de Valois)に最初のブティックをオープンしました。
1963年、ショパール(Chopard)とカール・ショイフレ3世(Karl Scheufele III)の连繋から始まり、カールとカリンは、ショパールにジュエリー制作技术をもたらし、高贵なレディースウォッチを开発しました。
18世纪末にショーメ(Chaumet)を创业したマリ=エティエンヌ・ニト(Marie-Etienne Nitot)もその一人でした。ナポレオンは、ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ、そしてマリー=アントワネットの又姪にあたるハプスブルク=ロレーヌ家のマリー=ルイーズとの婚礼のために、ショーメに豪华な宝饰品を注文します。
«私のインスピレーションの源は、生命、光、世界のムーヴメントやエネルギーなのです»*というのはフレッド(Fred)ジュエリーの源である。ラテンアメリカの地に降り注ぐ美しい光の记忆は生涯を通してフレッド・サミュエル(Fred Samuel)の心に生き続け、彼のライフワークにも大きくインスピレーションを与えました。
「ダイヤモンドはまるでファッションの独立宣言である」とメシカ(MESSIKA)ファミリーのヴァレリー・メシカ(Valérie Messika)が語る。「昔のトレンドと比べたら、現在ダイヤモンドのジュエリーはファッションの一部になり、女性はいつでも身に付けて、個人スタイルを表れることができます」という意味である。
パスクアーレ ・ ブルーニ ブランド起源イタリア、20 歳の パスクアーレは創造的なビジョンに触発され、これは、ヴァレンツァが創造的でダイナミックな夢のゆりかごスタジオの集まり。2 つの世代の創造性への架け橋ですが、世界中の女性達のため最も顕著なジュエリー ブランドを作成なり。