ダイヤモンドのグレード

  • ダイヤモンドの価値は、4Cで決まります。4Cとはダイヤモンドの品質等を評価する基準4つの要素のことで、カラット・カラー・カット・クラリティの各要素の頭文字に「C」がつくことから「4C」と呼ばれています。
    (一) クラリティ(Clarity)
  • クラリティは、「透明度」を表す基準です。キズ・欠け、內包物(インクルージョン)の大きさ・場所・性質などを鑑定して評価が決まります。包有物が多いと透明度が下がり、その分輝きを損なってしまうので、透明度が高いほど評価も高くなります。
FL Flawless 10倍の拡大で無傷
FL / IF Internally Flawless 10倍の拡大で微小な表面の欠點
VVS1, VVS2 Veryvery slightly included  10倍の拡大で発見困難な欠點
VS1, VS2 Very slightly included 10倍の拡大で発見が多少困難な欠點
SI1, SI2 Slightly included 10倍の拡大で発見が容易、肉眼では困難
lq , l2 , l3 Imperfect 肉眼で容易に発見できる


(二) カラー(Color)

  •  ダイヤモンドは無色透明ではなく、実際にはかすかに色がついているものがほとんどで、無色透明なものほど高く評価されます。
  • ダイヤモンドの色が黃色になればなる程、希少性がさがります。しかし、ある一程の黃色味を超えると、ファンシーカラーという評価がされ、他の基準でグレーディングされます。ファンシーカラーは他にも赤、ピンク、青、緑があります。
完全に無色透明 D、E、F
無色 G、H、I、J
わずかな黃色 K、L、M
薄い黃色・・・黃色 O、P、Q、R


(三) カラット(Carat)

  • 「○○カラットの大きなダイヤモンド」という言葉を耳にしたことがあると思いますが、カラットは、「大きさ」ではなく「重さ」を表す単位です。1カラット=0.2グラムで重くなればなるほど希少価値が高くなります。
  • カラットは、「__ct」と表示され、1ct=0.200gで、1gは5ctとなります。
  • 電子デジタルの天秤を用いて千分の1カラットまで正確に測定し、少數第3位を8捨9入、もしくは第3位まで表示します。
  • 原石の大部分は1ct未満の小さなものばかりですので、大粒の原石は、とても稀少です。
  • カットするとさらに小さくなることも考えると、大きければ大きいほどその価値は上がっていきます。
Carat
Carat 2.0ct 1.0ct 0.7ct 0.5ct 0.4ct 0.3ct 0.2ct
重さ 0.4g 0.2g 0.14g 0.1g 0.08g 0.06g 0.04g

直径
(mm)

约8.1 约6.0 约5.5 约5.0 约4.5 约4 约3.5
 

(四) カット(Cut)

  • ダイヤモンドは、ただ格好良くカットすればいいわけではありません。カットのプロポーションや角度が良くなければ、輝きを存分に発揮することはできません。
  • 他の3つ要素がダイヤモンドが生まれつき持つものであることに対して、カットは人の手で加えられる要素となります。
  • 職人の技によって、そのダイヤモンドが持つ良さを引き出し、輝けるかどうかが決まります。

(出典:GIA JP https://www.gia.edu/JP)